All posts by maru

いちご農家直営の「ストロベリー工房」で古都華のいちごオムレットを食べてみた


奈良特産の「古都華」・「あすかルビー」を使用したクレープやオムレットなどが食べられるのが「ストロベリー工房」です。奈良市柴屋町の国道169号線沿いにある農家直営のお店。寒い時期はイチゴを味わうに限ると、お店を訪れてみることにしました。

Continue reading »

Posted in 取材

行列のできる大阪「らーめん颯人」でみそらーめんを食べてきました


関西屈指のみそラーメンが食べられるお店として雑誌などのメディアにもよくとりあげられているのが「らーめん颯人」。大阪の南森町にあるお店で、あの有名なカドヤ食堂から独立して営業されているとのこと。連日、列ができるほどの盛況だそうです。一体、どんな味なのか試してみることにしました。

Continue reading »

Posted in 食べ物

京都の村上開新堂の「好事福盧」を食べてみた


村上開新堂」は京都の寺町二条にある明治40年創業の老舗洋菓子店。京都最古と言われる洋菓子店で、昭和初期に建てられた建物は当時の雰囲気を残しており、風情ある佇まいです。予約必須の手作りクッキーなどが有名なお店ですが、今回はあの池波正太郎が愛したお菓子「好事福盧(こうずぶくろ)」を運よくゲットできたので、食べてみることにしました。

Continue reading »

Posted in 食べ物

ネット上でよく見る「嘘松」を集めてみた


嘘松ツイートが自動生成できる嘘松ジェネレータが登場するなど、ネット上では「嘘松」という言葉をよく目にします。そもそも嘘松とは、「その日あった出来事を語るような体験談の形式になるが、内容はどこか作り話臭いものとなる」もの。その際、発信者はアニメ「おそ松さん」のキャラクターをアイコンに使用していることが多く、さらに投稿内容は登場人物の男子同士の会話が同性愛を匂わすことが多いため、「嘘松」と呼ばれるようになったとのこと。事実かネタかわからないことから、SNS上でツッコミなど反応を呼び込む形となり、非常に拡散しやすい傾向にあるのが特徴です。今回、嘘松とはどのようなものなのか、わかりやすい例を集めてみることにしました。

Continue reading »

Posted in インターネット

京都のイノダコーヒ本店で肉汁たっぷり「ビーフカツサンド」を食べてきた

IMG_8025
創業1940年の京都を代表する老舗の珈琲専門店「イノダコーヒ本店」に行ってきました。コーヒーはもちろんですが、今回のお目当てはビーフカツサンド。柔らかくジューシーなビーフカツにオリジナルソースをたっぷりかけた内容で、食べ応えも抜群とのこと。どんな味なのか食べにいってみることにしました。

Continue reading »

Posted in 食べ物

日清「カップヌードル抹茶抹茶仕立てのシーフード味」を食べてみた

P1060894
「カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味」(180円)という謎の味を発見しました。2017年1月23日発売で、クリーミーで濃厚なシーフード味のスープに抹茶の風味を加えた、まろやかで味わい深い一杯となっているそうです。普通のシーフードで十分美味しかったところ、まぜ抹茶を加えてしまったのかを理解するため、とりあえず食べてみることにしました。

Continue reading »

Posted in レビュー

京都の「ひさご」でダシの効いたふわとろの親子丼を食べてきた

p1060787
昭和5年創業の京都のお店「ひさご」は、ふわとろの親子丼が有名でです。だしは、天然の昆布とサバ節100%を使用するという創業以来の味を守りつづけているそう。行列ができるほどの味らしいので、食べてみることにしました。

Continue reading »

Posted in 取材

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.