大阪梅田の第2ビル「麺屋楼蘭」でシビれる花椒たっぷりの汁なし担々麺を食べてきた

LINEで送る
Pocket


暑い日には汗が止まらなくなりますが、不思議と辛い食べ物を食べたくなります。そこで夏にぴったりなメニューが担々麺。ピリッと刺激のある山椒が効いて元気がみなぎってきます。今回、大阪梅田の老舗ラーメン屋でがっつりとした汁なし担々麺が食べられるとのことで、確かめに行ってきました。


麺屋 楼蘭 (めんや ろうらん) – 北新地/ラーメン [食べログ]
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27002125/


住所は「大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル B2F」でコアなお店が立ち並ぶ番号ビルの一角に店を構えます。


レギュラーメニューはこんな感じ。味噌ラーメンが有名なお店ではありますが……


今回のお目当てはこちら。麻と辣の2種類の辛さがウリの担々麺!麺の量が2倍でも普通サイズと200円程度しか違わないことに少しびっくり


店内はカウンターが10席程度。この日は休日の昼間とあって席はほぼ満席。ただ満席であっても回転は早いようなので、そんなに待つことなく入れそうです


注文し待つこと約10分、遂に着丼。今回は普通サイズの担々麺(550円)を注文しました。暑い日にはシンプルな見た目が不思議と食欲をそそります


おいしく食べるコツは10回以上混ぜて、肉味噌とラー油を麺にしっかりと馴染ませることだそう。実際に食べてみると思っていたよりも辛さは控えめで、山椒の痺れもそこまで強くない印象。味噌ラーメンで有名なだけあって、肉味噌の甘みが絶妙でグッド


実はお店には花椒があり、好みの味にカスタマイズできます


ということで、少しかけてみることに。挽きたてのためか力強い香りが頼もしく感じます。


花椒の痺れが一層増して体が熱くなってきました。これは肉味噌とラー油とめちゃくちゃ合う。欲を言えば唐辛子の辛さももう少しあれば良かったと思うのですが、そうすると辛すぎて味がわからなくなりそうなので、花椒で調整するくらいがちょうど良い気もします。この花椒は香りが強く、麺をすするとむせ返るほどなので、かけ過ぎには注意。

なお、食べ終えた後はライスを注文して残ったスープや肉味噌に絡めて食べるといい具合でお腹が満たされるようになっています。番号ビルの居酒屋で飲んだ後に締めでくると、やみつきになりそうです。

<関連記事>
大阪の「豚々亭」でトンテキ定食を食べてきました

豚骨ベース味噌ラーメン専門店「麺と人」にいってきました


阪急梅田駅の中にある「京都麺屋たけ井」でつけ麺を食べてきました

Posted in 取材 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.