古民家の囲炉裏でバーベキューができる丹波笹山「いわや」に行ってきた

LINEで送る
Pocket


丹波篠山市の山奥にひっそりとお店を構えるのが「いわや」。茅葺屋根のお店で囲炉裏を囲んでバーベキューや鍋ができる雰囲気ばっちりのお店で、多くの客が訪れているようです。今回は夏ということでバーベキューを食べに行ってみることにしました。


いわや web site
http://www.iwaya-yosaku.com/


お店は「兵庫県篠山市火打岩495-1」にあり、アクセスには車が必須。山に囲まれたところにポツンとお店があります。緑の間を縫う風が気持ち良い


店内はこんな感じ。古民家ということで中も昔ながらの旧い感じかな……と想像していたのですが、意外と綺麗な雰囲気。なんと冬は床暖房もあるのだとか。ちょっと暗めの照明がまた雰囲気を出しています


ということで、囲炉裏を囲みます。夏ではありますが、山から降りてくる風が冷たくてきもちいい


篠山ということで冬はやはりぼたん鍋がイチオシらしいのですが、夏は囲炉裏でバーベキューするのがおすすめのようなので、「黒毛和牛と与作味鶏」(3900円)をチョイス。なお与作味鶏は、兵庫県が開発した兵庫味鶏どりを180日間自然の中で放し飼いにし餌も吟味して育てたオンリーワンの地鶏、とのこと。この店だけで提供するように育てられているようです


その他、このようなメニューもあり。


こちらは付き出しの丹波笹山の黒豆。味がめちゃくちゃ濃くてびっくり


バーベキューセットの到着


早速焼いていきます


待っている間にこちらで採れた卵を使用した温泉卵をいただきます。これも濃厚。


鶏肉が焼けたので早速いただきます!おそらく元々の鶏肉自体がレベルが高くめちゃくちゃ美味いのでしょうが、炭で焼いているということもあり、風味が抜群で一気に食べてしまいました


じゃんじゃん焼いていきます


ここであまごの登場。まだ生きている新鮮なあまごを炭火でじっくりと焼いていきます。


和牛ももちろん特上の味わい。場所、雰囲気、素材とどれも抜群のため、どの料理もめちゃくちゃ美味い


お酒が欲しくなるところですが、車で来ているため我慢……


お店ではお米もこだわり、店主が自ら作ったコシヒカリは品評会でも高評価とのこと


山菜の炊き込みご飯と味噌汁もついています。もちろんお米は店主が作ったコシヒカリ。おなかがだいぶ膨れていますが、いくらでも入ります


最後にあまごを囲炉裏前で食べ、贅沢な気分に。焼き過ぎないよう時折、店員さんに確認してもらっていたので、いい感じで焼きあがりました


今回は夏の訪問だったため、次は冬のぼたん鍋を味わいたいと思います。

<関連記事>

相生牡蠣が90分食べ放題の漁師直営店「焼きガキ大豊」に行ってきました

伏見稲荷の名物すずめとうずらの丸焼きを「日野家」で食べてきた

ふわふわの極上うなぎを名代「尾花」で食べてきました

Posted in 取材 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.