大盛とライス無料の池袋「屯ちん池袋本店」で優等生ラーメンを食べてきた

LINEで送る
Pocket


チェーン店っぽいお店で個性を極力消したラーメンを食べたい、それも美味いやつ……と訳のわからない願望を抱えリサーチして見つけたのが「屯ちん池袋本店」。豚骨をベースに濃口醤油で旨味だけを引き出し、豚・鶏・野菜などを吟味し長時間じっくりと炊き出したさっぱりとコクのあるスープがウリだとか。そして、池袋を中心にいろんな飲食店を展開しているチェーン店っぽくて、これは期待できると期待に胸を膨らませていってみることにしました。


Foodex Group|ブランド紹介
https://foodexgroup.com/brand/


お店は「東京都豊島区南池袋2-26-2」で池袋駅から東に10分ほどの距離。この綺麗な店構えが妙に安心できます。並ぶこともあるようでしたが、この日は待つことなくすんなり中へ


メニューはこんな感じで、豚骨ラーメンが中心。乗ってるチャーシューがめちゃくちゃうまそう


店内はカウンターのみで17席。外国人客も多いようです


なんとこちらのお店は麺の大盛り無料、ライス無料、辛子高菜無料とサービス満点


注文したのは「東京豚骨ラーメン」(680円)で、もちろん大盛りにしました。来来亭のラーメンになんとなく似ている印象。浮いてる背脂がなんともそそります


スープはあっさりとしているけれど、それでいて豚骨の旨みはバッチリと感じさせてくれる内容。そう臭みがない万人受けしそうなこの味を求めていたのです。個性の強いラーメン屋ばかり行っていると、この手の没個性的な味が妙に恋しくなります。全然主張しないところが心地よい優等生なスープです


このスープをあっさりとしたまま食べたかったので、できれば細麺がよかったなぁと思っていたのですが、この中太ちぢれ麺もなかなか。この麺も決して主張するところなし、だがそれがいい……


チャーシューはとろとろで、脂っぽいのが好きな人ならはまるはず。ビールが欲しくなりますね、そうビールを飲んでも良いそういうラーメン屋なのです。

◆関連記事
野菜大盛りにんにく増量ライス無料の池袋「麺処花田」に行ってきた

虜になる1杯が食べられる池袋「麺屋Hulu-lu」に行ってきました

えびの風味を凝縮した「えびそば一幻」のえびそばを食べてきました

Posted in 取材 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.