レアチャーシューと豚骨魚介スープにしびれる東十条「燦燦斗」でらーめんを食べてきた

LINEで送る
Pocket


モチモチの自家製麺と特製の豚骨魚介スープで人気のお店が東十条にある「燦燦斗」です。そしてレアに仕上げたチャーシューも人気とのこと。つけ麺や油そばなどもあるようですが、まずはラーメンを食べてみようとお店を訪れてみることにしました。


燦燦斗 (さんさんと) – 東十条/ラーメン [食べログ]
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13038064/


お店は「東京都北区中十条3-16-15」にあり、JR東十条駅の北口を出てすぐのところにあります。営業時間は18:00~20:30と非常に短いので注意が必要。なお、人気店とあって案の定、行列ができていました。平日の夜とあってか、少ない方です。


列に並ぶ前にまずは券売機で食券を購入


8席ほどのカウンターのみのお店で割と回転が早く、10分ほどで席につくことができました。なお、並んでいる間に食券を店員さんが回収しにくるので、席についてからもそんなに待つことはありません


ということでやってきたのは「らーめん大盛」(800円)。レアチャーシューが美味いと聞いていたのですが、この綺麗なピンクをしたレアなチャーシューがなんともそそります


丸鶏、鶏足、サバ節などからとったというダシの効いた豚骨魚介スープ。少ししょっぱさが先行して感じられますが、この濃い味がなんともたまりません


そして自家製のツルツルでモチモチの麺。太麺で食べ応え抜群。スープが絡んだ麺がガンガン進みます


やってしまいました、麺とスープに夢中になっている間にチャーシューに熱が通ってしまいました。レアな方が好きな場合は早めに食べておくべき。歯ごたえは固めで、トロトロチャーシューが好きな方には物足りないかもしれませんが、そこは好み。ここも何回も訪れてしまいそうです。

◆関連記事
高級煮干のスープと麺だけで勝負する「中華そば屋伊藤」にいってきました

行列が絶えない東十条「麺処ほん田」で手揉み中華蕎麦を食べてきた

無料でご飯とザーサイが食べ放題な赤坂「希須林」で排骨担々麺を食べてきた

Posted in 取材 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.