えびの風味を凝縮した「えびそば一幻」のえびそばを食べてきました

LINEで送る
Pocket


エビの旨味と風味を凝縮したラーメンが食べられるのが「えびそば一幻」です。札幌に総本店があるそうで、かなりの人気とのこと。新宿にもお店があり、こちらも行列ができるほどの人気ぶりのようなので、食べてみることにしました。


えびそば一幻
http://www.ebisoba.com/

何店舗かありますが、今回は新宿店へ。場所は「東京都新宿区西新宿7丁目8-2福八ビル1F」で、JR「新宿」駅より徒歩6分。休日のお昼に向かったのですが、やはり行列ができていました。店内にも待つスペースがあるため、20分ほど待ちました。


店内はカウンターのみとなっており、綺麗な雰囲気で女性客も多かったです。


メニューはこんな感じ。味はえびしお、えびしょうゆ、えびみそが選べます。


友人が絶賛していた「えびみそ太麺」(780円)を今回はチョイス。


まずはスープから。えびの風味が強く感じられますが、くどくない仕上がりで二口、三口とズズッといけてしまいます。味噌の風味がやわらかく、えび臭さをいい具合にまろやかにしているようです。赤いトッピングは紅生姜にえびの風味を練り込んで揚げた天かす。これをスープに溶かして飲むと、グッと香ばしいえび風味が増します。


麺は中太麺です。ダシがしっかりと絡んだぷりぷりの食感を味わいたいなら、こちらをチョイス。


チャーシューはやわらかめで、えびの風味が染み込みやすくなっているようです。


えび粉と呼ばれる甘えびの頭を焼いて粉末状にしたものを合わせると、一段とえびの風味が増します。かなり強い味なので、少しずつスープに絡ませて食べるのがオススメ。味の変化も感じられ、最後まで楽しむことができました。

◆関連記事
無料でご飯とザーサイが食べ放題な赤坂「希須林」で排骨担々麺を食べてきた

通常の5倍濃厚な煮干しラーメンを「中華ソバ伊吹」で食べてきた

池袋で虜になる1杯が食べられる「麺屋Hulu-lu」に行ってきました

行列が絶えない東十条「麺処ほん田」で手揉み中華蕎麦を食べてきた


Posted in 取材 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.