京都の「ひさご」でダシの効いたふわとろの親子丼を食べてきた

LINEで送る
Pocket

p1060787
昭和5年創業の京都のお店「ひさご」は、ふわとろの親子丼が有名でです。だしは、天然の昆布とサバ節100%を使用するという創業以来の味を守りつづけているそう。行列ができるほどの味らしいので、食べてみることにしました。


ひさご – 祇園四条/親子丼 [食べログ]
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26001942/


お店は「京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル下河原町484」にあります。清水寺や八坂神社にお参りした帰りに寄るといいかも。この日は夕方頃に訪れたので、行列に並ばず店に入ることができました。
p1060779

メニューはこんな感じ。
p1060780

ただ、この日は麺類が終了したとのことで、親子丼か玉子丼しかないとのこと。麺類なども楽しみたいなら、やはりもう少し早めの時間帯に行ったほうが良さそうです。今回の目的は親子丼だったので、全然オッケーでした。
p1060781

店内の様子はこんな感じ。ほとんど夕方ですが、店の味を楽しもうと多くのお客さんがいました。そして、ほとんど親子丼を注文している模様。
p1060782

登場した親子丼(1010円)がこちら。確かに玉子がふわふわのとろとろでめちゃくちゃ美味そう
p1060785

玉子とダシのバランスがよく上品な味です。玉子がふわふわなので、なんとなく卵かけご飯ぽくズルズルと一気にかきこめる感じが嬉しいです。ピリッとアクセントが欲しいときは山椒を少し入れるのもグッド。
p1060787
京都に観光に来たからには、チャンスがあれば食べておくと良い話のネタになりそうです。

◆関連記事
伊勢のおかげ横丁にある名店「豚捨」の牛丼を食べてきました

大トロ・中トロ・赤身の贅沢まぐろや黒銀「生本まぐろ三色丼」を食べてきた

タレが食わせる焼肉丼十番「カルビ丼」を三ノ宮駅ガード下で黙々とかきこんできました

イクラのプチプチとした弾力感とこってりとした脂が楽しめる「ペリーのいくら丼」にいってきた

Posted in 取材 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.