伏見の「陽はまた昇る」でとんこつラーメンを食べてきました

LINEで送る
Pocket

p1060758
京阪伏見稲荷駅から徒歩1分ほどの距離にあるのが「ラー麺 陽はまた昇る」です。スープには鶏ガラと豚骨を使用したこってりラーメンが人気で、行列ができるほどとのこと。伏見稲荷にお参りした帰りに寄ってみることにしました。


ラー麺陽はまた昇る(@hinobo915)さん | Twitter
https://twitter.com/hinobo915

場所は「京都市伏見区深草一ノ坪38-15」で、京阪伏見稲荷駅から徒歩すぐのところにあります
p1060755

メニューはこんな感じ。今回はとんこつラーメンとからあげを注文してみることにしました
p1060756

こちらは「とんこつラーメン」(750円)
p1060758

スープは鶏ガラと豚骨をベースにした醤油味。とろとろとした高粘度のあるスープで、豚骨のこってりとした味がしっかりと味わえます。味は濃い目ですが、とんこつ特有の臭みなども無いため、非常に飲みやすい印象。女性にもおすすめで、実際に店内には多くの女性客がいました。
p1060761

麺は中細ストレート。つるつるしており、喉越しが良いのが特徴。
p1060765

メンマのサイズは大きめで、食べ応えがあります
p1060768

チャーシューは豚肩ロースが2枚。ブラックペッパーが効いていて、これがなかなかのアクセント
p1060770

こちらは「からあげ」(150円)
p1060776

ラーメンに負けずこちらも完成度は高め。サイズは大きめで、しかもジューシーで柔らかい肉が存分に楽しめます。ラーメンと一緒に注文したいメニューです。
p1060778
◆関連記事
伏見稲荷の名物すずめとうずらの丸焼きを「日野家」で食べてきた

伏見稲荷大社の千本鳥居をくぐりながら稲荷山を登ってみた

京都一乗寺の名店「中華そば高安」でスープと麺の真髄を味わってきた

京都ベストラーメン選出の麺屋ソミーズで「濃厚煮干」を食べてきました

Posted in 取材 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.