国産のとちおとめを使用した江崎グリコ「プッチンプリン冬の苺ショコラ」を食べてみた

LINEで送る
Pocket

p1060586
国産のとちおとめと生クリームで仕上げた苺プリンに、生チョコを使ったソースを味のアクセントに仕上げたのが11月28日発売の江崎グリコ「プッチンプリン 冬の苺ショコラ」です。期間限定の味ということで、一体どんな味になっているのか、確かめてみることにしました。


パーティーシーズンにぴったりな華やかなパッケージ 『プッチンプリン 冬の苺ショコラ』期間限定新発売! | 【公式】グリコ
https://www.glico.com/jp/newscenter/pressrelease/14929/


パッケージはこんな感じ。値段は1個あたり146円(税別)となっています。
p1060572

1個(155グラム)あたり236キロカロリー
p1060574

原材料にはいちご果汁が入っており、これが国産のとちおとめで作られていると思われます
p1060577

開封の儀
p1060580

早速一口!味はいちごの酸味と甘みを濃厚な生クリームがしっとりと包み込んだような感じに仕上がっています。国産とちおとめの味なのかどうかは判別できませんが、いちごの特徴がしっかりと出ている内容です。プッチンプリンらしいぷるるんとした食感は健在です
p1060583

アクセントとなっているのがこの生チョコソース。濃厚な甘みでいちごと生クリームの甘みに変化を与えてくれます。
p1060586
◆関連記事
濃厚な生チョコの味の広がり冬季限定不二家「ルック(生チョコin)」を食べてみた

京都の冬の贅沢「村上重本店」こだわりの千枚漬を食べてみた

蜜いちごが噛んだ瞬間ジュワッと広がる明治「贅沢いちごのアポロ」を食べてみた

別次元の甘さのグリコ「黄金のプッチンプリン」を食べてみた

Posted in レビュー and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.