家庭的な伊勢うどんを食べに「あしべ」に行ってきました

LINEで送る
Pocket

P1050487
たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を加えた、黒く濃厚なつゆを太い緬に絡めて食べる「伊勢うどん」。伊勢市駅の近くでこの伊勢うどんを提供している庶民的なお店を見つけたので、ここなら本場の伊勢うどんが食べられると思い、店に入ってみることにしました。


あしべ – 伊勢市/お好み焼き [食べログ]
http://tabelog.com/mie/A2403/A240301/24004856/

住所は「三重県伊勢市宮後2-25-26」で、伊勢市駅のすぐ側にあります。なんとなく地元の人のためのお店っぽく他の観光客向けのお店とはずいぶんと店構えが違いますが、こういうお店でこそ地元の人たちと同じ味が楽しめるものだと言い聞かせ、立ち寄ってみることに
P1050472

伊勢うどんは400円とお手ごろ価格
P1050473

店内のメニューを見渡すと、ドリンクから軽食まであり、喫茶店のような感じのお店。
P1050475

伊勢うどんが登場。出てくるのがとにかく早いのが、この伊勢うどんの特徴の一つ。具は麺の他にはねぎ、かまぼこととにかくシンプルな内容
P1050481

溜まり醤油が使用されているため真っ黒で味が濃そうに見えますが……
P1050485

実はけっこうあっさりとした味。醤油の辛さというよりは、鰹のダシがよく効いた旨みが強く感じられます。麺は箸で持つとプチッと切れるほどに柔らかくコシはありませんが、モチモチとした食感でダシがよく絡み食べ応えはバッチリ。伊勢参りで疲れた体にはちょうど良い食べ心地です。
P1050487

店員の方がいうには、観光用として「伊勢うどん」と呼び始めたのはここ何十年かで、それまで家庭にある普通のうどんだったとのこと。ここでは、その家庭の「うどん」時代の飾らない伊勢うどんが食べられるようになっています。

◆関連記事
伊勢えびを丸ごと粉末にした「伊勢えびソフト」を食べてみた

伊勢のおかげ横丁にある名店「豚捨」の牛丼を食べてきました

伊勢神宮の参拝ついでに「赤福本店」のできたて赤福餅を食べてきた

浦村カキを食べに鳥羽の「与吉屋」にいってきました

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.