本気のボンカレー大塚食品「Theボンカレー」を食べてみた

LINEで送る
Pocket

P1030414
発売から47年目をむかえるレトルトカレーの定番「ボンカレー」に素材や仕込みにこだわり抜いたボンカレーシリーズの最高峰「Theボンカレー」が登場しました。やわらかくなるまでじっくり時間をかけて下ごしらえした牛スネ肉を使用し、さらには6種類のスパイスを使った二段仕込みでこだわり抜いたレトルトカレーらしからぬプレミアムな内容に仕上がっているようで、これは食べるしか無いだろうと実際に試してみることにしました。


ボンカレー史上最高品質のプレミアム商品『Theボンカレー』国産野菜などこだわり素材の「二段仕込み」保存料、合成着色料、化学調味料不使用~2月12日(木) 「ボンカレーの日」に全国で新発売~ PDF
http://www.otsukafoods.co.jp/news/pdf/20150203.pdf


シックなパッケージで並々ならぬ迫力がありますが、お値段は500円とかなり強気の設定。かなりの自信がうかがえます
P1030366

じゃがいも、にんじん、たまねぎなどは国産を使用。香味野菜とフルーツをじっくり炒め上げ、コクとうま味を引き出し、さらに自家製ルウにブイヨンや牛テールスープ、こだわりのカレー粉を加え、最適なとろみになるまで温度を上げるという二段仕込みが今回のこだわりです。
P1030372

1食あたり295キロカロリー
P1030376

保存料、合成着色料、化学調味料を使用していないこだわりっぷり
P1030383

開封するとこんな感じで、電子レンジか湯煎によって加熱します
P1030385

完成です
P1030390

具はごろごろとした大きめサイズ
P1030394

ドキドキしながら早速一口!口に入れると野菜の甘みがたっぷりと染み込んでいるためか、めちゃくちゃ甘味が感じられます。ベタつく甘味ではなく野菜の甘味であるため、芳醇な旨みもあってこれはビックリ。そして食べ進めるごとに中辛なルウのスパイスの効いた辛味が甘みをオーバーラップしはじめて、これまた驚きの味。とにかく美味い。
P1030430

極めつけはコレ。牛スネ肉は歯が当たるとホロホロになるほどに煮込まれていて、カレーと肉の旨みが凝縮した味わいがなんとも言えず幸せな気分。ほんの二つほどしか入っていませんが、それだけにプレミアムな味に仕上がっています。
P1030431

これは500円をだしても一度は味わっておきたい味です。ご飯を大盛りにしてガツガツ食べるというよりは、ルウの味をじっくり味わうべき内容になっています。
P1030435

大塚 The ボンカレー 210g
Image 1


◆関連記事
たっぷり香味野菜+4種類フルーツ+15種類のスパイスで3日間かけて作った「カルダモン」の余分な油を取り除いたヘルシーカレーを食べてきました

スパイスの徐々にくる辛さ明星「すこびる辛麺シンメンインド風黒カレー味」を食べてみた

ココナッツ入り「カップヌードル マッサマンカレー」をご飯と一緒に食べてみた

「暴君ハバネロ BLACK・ブラックカレー味」の徐々に効く辛さのスパイスの効果は絶大

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.