宇治抹茶100%「チロルチョコ宇治抹茶もち」を食べてみた

LINEで送る
Pocket

P1030165
宇治抹茶のみを使用した本格抹茶味のチロルチョコ「チロルチョコ〈宇治抹茶もち〉」(30円)が2月2日より発売されています。もちグミも入っていて和の味わいが存分に味わえる内容になっているっぽいので、レジで偶然見つけた瞬間3個手にとり購入してみました。


★チロルチョコ株式会社★商品情報★
http://www.tirol-choco.com/info.html


宇治の抹茶を使ったパフェを食べたときは、めちゃくちゃ苦くてコクもあり「これが本物の味か…」と驚愕したのですが、今回はいかに。
P1030141

1個57キロカロリー
P1030144

原材料の「抹茶(宇治100%)」という記載に心がおどります
P1030146

色は当然ですが抹茶色
P1030149

抹茶の雰囲気が出ているというかほぼ抹茶そのものの味。ただ、抹茶を飲んだときにあるような最後にグッと来る苦味は抑え目になっており、段々とチョコの甘さが苦味をオーバーラップしてきて、最後は甘味と苦味の余韻が交じり合って残る感じ。もちグミはもちというよりもうグミそのままという感じですが、食感があって満足度は高め。宇治抹茶の味は十分に感じられるので、本格派の抹茶を楽しみたい人にはピッタリな味に仕上がっています。
P1030165
◆関連記事
京都・宇治の伊藤久右衛門で「抹茶パフェ」を食べてきました

スペシャルな夜にまったり上質な味を江崎グリコ「ポッキー和ごころ北海道あずき」を食べてみた

抹茶の風味がしつつもあの味は変わらないロッテ「チョコパイ<贅沢抹茶>」を食べてみた

玉露園とコラボしたコイケヤ「すっぱムーチョ梅こんぶ味」は梅こんぶがすっぱさを引き立てる味

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.