仕事帰りになか卯「豚生姜丼」の大盛を食べてきた

LINEで送る
Pocket

IMG_8455
やわらかい三元豚のバラ肉と甘みのある玉ねぎ、青ねぎに、おろし生姜を加えて、特製のタレとこだわり卵でとじたのがなか卯「豚生姜丼」です。煮込んだ豚肉と玉ねぎをこだわり卵でふわとろっにとじることでまろやかな甘さを実現し、生姜がピリッとアクセントを加え、最後まで飽きのこない味わいに仕上げてあるとのことなので、1月21日の発売日に食べてみることしました。


ふわとろっ三元豚にピリッと生姜のアクセント! なか卯の「豚生姜丼」1月21日(水)から発売開始 | お知らせ | 丼ぶりと京風うどんのなか卯
http://www.nakau.co.jp/jp/news/37


仕事帰りでお腹が空いていたので大(610円)を注文。なお、並なら550円です。見た目は豚生姜丼というよりも卵丼といった感じで、卵がたっぷり
IMG_0485

しかし、このように大きめにカットされた三元豚の豚バラ肉もしっかりと入っています。
IMG_0142

お腹が空きまくっていたので早速いただきます!見た目どおりでとにかく卵の甘みが強く感じられ、柔らかい食感の豚バラ肉はジューシーであっさりとしており、ご飯とよく合います。
IMG_8455

卵は半生の部分もあり、甘みが一層引き立って感じられる内容
IMG_4651

生姜が効かせてあるらしいのですが、卵の味に負けてしまっているのかあまり感じられません。さらに大盛りにしたせいか、甘み一辺倒の味にちょっと飽きが来たので、紅生姜を投入してみました。さっぱりとした口当たりが爽快で、また次の一口がおいしく食べられるようになります。贅沢を言うならばアクセントに三つ葉が入っていると、なお良かったかも。全体的にはシンプルかつやさしい味で、胃もたれせずあっさりと食べられるので、疲れているときなどにオススメです。
IMG_4262
◆関連記事
すき家「豚肉豆腐チゲ鍋定食」は税込734円でも旨辛スープで満足度高め

厚切りの肉がガツンとお腹にたまる「豚々亭」のトンテキ定食はご飯お替わり無料

二郎インスパイア系「笑福」で野菜バカ増しラーメンを頼んでみた

真夜中にカップヌードル「チリクラブシーフードヌードル」を食べてみた

夜中にエースコック「JUNKFULL Wガーリック油そば」のにんにくガッツリ味にチャレンジしてみた

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.