濃厚な生チョコの味の広がり冬季限定不二家「ルック(生チョコin)」を食べてみた

LINEで送る
Pocket

P1020952
生クリームを使ったムースのような口どけのよい生チョコレートをなめらかビターチョコレートで包んだのが1月20日発売の不二家「ルック(生チョコin)」(税込216円)です。疲れた体が甘い癒しを求めていたので、コンビニで発見した瞬間、手にとってレジに向かっていました。


冬季限定商品登場!「ルック(生チョコin)」2015年1月20日(火)発売! – press20150106_3.pdf
http://www.fujiya-peko.co.jp/pdf/press20150106_3.pdf


パッケージはキラキラしていて魅力的なせいか吸い寄せられるように購入していました
P1020931

原材料
P1020932

1粒24キロカロリー
P1020934

パカッとオープン
P1020935

全部で12個入り
P1020936

見た目は普通の一口サイズのチョコレートですが
P1020941

割ってみると中には生チョコの姿を発見!外側はパリッとした食感で、中は口溶けのよいやわらか食感。生チョコがとろりと溶けて濃厚な甘さがジワジワと口の中に広がり、甘さで体が癒されるような感覚です。外側のチョコは控えめな甘さで生チョコといい具合に味の違いが感じられておもしろいのですが、もうちょっと苦味があってもよかったかも。しかしながら、生チョコのとろける甘さがなんとも言えずグッドで、あっという間に12個食べてしまいました。コタツに入ってパソコンでもいじりながら食べると贅沢してるなぁということを実感できる、冬にピッタリな商品です。なお、冬季限定商品となっています。
P1020952
◆関連記事
カカオ1.7倍の濃厚フルボディ「ポッキー デミタス」を食べてみた

ローソン「あまおう苺のふわふわロール」をあのラインナップの中であえて選んで食べてみた

本物の苺っぽい味ロッテ「まん中も、もちもち雪見だいふく 苺」を食べてみました

舌の上でとろけるあのうに味を期待してカルビー「ポテリッチデラックス濃厚うにクリーム味」を食べてみた結果

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.