真夜中にモスのとびきりハンバーグサンド「ビストロ風マッシュルームソース」を食べてみた

LINEで送る
Pocket

P1020706
真夜中にジャンクなフードを食べる、これに勝る小さいけれどワクワクするチャレンジはありません。今回は12月26日に発売されたモスバーガーのとびきりハンバーグサンド「ビストロ風マッシュルームソース」にチャレンジしてみることにしました。国産肉を100%使用し、お店でソテーしたオニオンをのせ、シャスールソースをイメージしたモスオリジナルのマッシュルームソースをかけたプレミアムな味に仕上がっているそうで、夜中のアブナイおとなの遊びにはピッタリのスペックです。


国産肉を100%使用した大人のプレミアムハンバーガーとびきりハンバーグサンド「ビストロ風マッシュルームソース」~12月26日(金)から全国のモスバーガーで新発売~
http://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_141126_1.pdf

こんなところにも宣伝があり、グイグイ推してきます
P1020697

濃縮ワインを使用したソースがウリとのこと。手間ひまがかかっているようで、とにかく出てくるのが遅いですが、そこは大人の対応でいきたいところ。なんたってプレミアムなのですから
P1020699

じゃーん。とびきりハンバーグサンド「ビストロ風マッシュルームソース」(税込450円)。けっこうお高い割には外観は普通です
P1020700

じゃじゃーん
P1020708

肝心なのはこの中身。スライスしたマッシュルームに、オニオン、トマトソース、デミグラスソースと濃縮ワインを入れて煮詰め、味に深みを出し、香りづけにエストラゴンを加えているとのことで、ソースの香りは抜群。さらに、国産肉を100%使用したハンバーグは、通常パティより約1.5倍になっています。
P1020706

味はかなり上品にまとまっていて、素材のシンプルな味がよく伝わってくる内容。特にパテの味は某Mの100円バーガーのようにゴムのようなものではなく、噛むと旨みある肉汁の味が広がり洋食屋で食べるハンバーグのよう。ソースはコテコテしたものを想像していたのですが、意外にあっさりとした口当たりで肉の味を包み込むように優しい味です。ただ、これまでのモスのシリーズには素材の味を生かしつつもファストフードらしいガッツリ感のある食べ応えのある商品がいくつかありましたが、それらに比べるともう一つ味が及ばないなという印象。
P1020716
上品な味わいで確かにプレミアムな味なのですが、ファストフード店にはチープなスリルが欲しくなるもので、そういう意味ではもうちょっとジャンキーなテイストの要素が欲しかったかも。グルメ漫画「美味しんぼ」で、素材にこだわり抜いたラーメンが客に意外にもウケないという話がありましたが、まさにそんな感じでファストフードを食べに来る客層のニーズを考えると、ちょっと上品に寄りすぎた感はあります。ただ、既存のファストフードメニューでは味がきつ過ぎるという人にはオッケーな味にはなっていると思います。

※追記
他の人が食べてるものとは違い、圧倒的に玉ねぎの量が少ないようです。玉ねぎは各店でソテーとのことなので、店舗によって差がある模様。玉ねぎ新聞なだけに、ちょっと玉ねぎにはうるさく言わせてもらいます。

◆関連記事
仕事帰りに香味野菜の豊かな味わいモス「XO醤チキンバーガー」を食べてきた

仕事帰りにマクドナルド「てりやきチキンフィレオ」をガツガツ食べてきた

仕事帰りに買ったマクドナルド「カーリーポテトフライ」の形状が完全にアレな件

レトルトソースのあの味!カルビー「ポテトチップス濃く味濃厚明太クリーム味」を食べてみた

夕食後に日清「カップヌードルとんこつキング」を食べてみた

夜中に「近大マグロ使用 中骨だしの塩ラーメン」を食べてみた

ココナッツ入り「カップヌードル マッサマンカレー」をご飯と一緒に食べてみた

真夜中に日清「レッドシーフードヌードル」を食べてみた

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.