夜中に「近大マグロ使用中骨だしの塩ラーメン」を食べてみた

LINEで送る
Pocket

P1020452
近畿大学が世界で初めて完全養殖に成功した「近大マグロ」の中骨からダシをとり、カップラーメンにしてしまったのが「近大マグロ使用中骨だしの塩ラーメン」(税抜195円)です。近大マグロの骨を使った商品化は初めてとのことで、ちょっと期待して買ってみました。


あの近大マグロがカップラーメンに!?エースコックから「近大マグロ」中骨だし使用の塩ラーメン新発売!
http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1412_kindai.pdf

パッケージのデザインが近未来的
P1020416

冷静に考えると骨から出るダシにそこまで味があるのかな?とちょっと心配に
P1020418

マグロエキスを確認、これがなきゃ始まらない
P1020419

1食あたり422キロカロリー
P1020424

残念ながら身は入っていない模様。確かにカップ麺に使うほどの身があるならば、刺身とかで食べたいかも
P1020427

近畿大学水産研究所監修とのこと
P1020432

中はいたって普通のカップ麺
P1020435

お湯を投入して、精神統一
P1020438

じゃーん
P1020441

具は、チャーシュー、ナルトなど。実際に食べてみると、塩ラーメンらしくかなりあっさりとした味。サッポロ一番塩ラーメンの味よりも、もう一回り薄くしたような味。かと言って、味が無いわけではなく、要はカップ麺らしい濃い調味料が少なくなって、ダシ本来の味がなんとなく感じられるような内容になっています。スープ自体は非常にあっさりとしているため、麺を食べると実はちょっと味気なく感じるところもあり。麺の量が多いだけに、若干物足りなさを感じます。
P1020452

一方、スープはラーメン屋で食べる塩味に近く、カツオの風味がちょうど良い具合でなかなかの味。これぐらいのあっさりとしたものが、一杯飲んだ後にはちょうど欲しくなります。大阪にある「揚子江ラーメン」のような薄味のあっさり風味が好きな人にはいいかも。寒い季節ということもあり、ついついスープを飲んでしまいます。ところで、マグロ味は残念ながら、というかもちろんのごとく感じられませんでしたが、おそらくこのスープの味に深みを与える隠れた主人公として機能しているものと……信じたいところ。
P1020458

近大マグロには「卒業証書」が添付されて出荷されるらしいのですが、このカップ麺のフタの裏側にも卒業証書がちゃんとついていました。
P1020462
◆関連記事
夜中に日清カップヌードル「RED DEVIL(レッドデビル)」を食べてみた

真夜中に日清「レッドシーフードヌードル」を食べてみた

ココナッツ入り「カップヌードル マッサマンカレー」をご飯と一緒に食べてみた

二郎インスパイア系「笑福」で野菜バカ増しラーメンを頼んでみた

ラーメン激戦区、京都一乗寺の名店「中華そば 高安」でスープ+麺の真髄を味わってきた

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.