大阪「長屋オムライス」で分厚い卵のオムライスを食べてきました

LINEで送る
Pocket

IMG_3124
大阪市福島区にある「KOZMIC長屋バー」の人気メニューであるオムライスをスピンアウトさせた専門店が、大阪駅前第一ビルにある「長屋オムライス大阪駅前第1ビル店」です。ご飯の上に惜し気もなく奢られた分厚いオムレツの中身は半熟のふわふわとろとろで、オムライス好きなら堪らない内容に仕上がっています。


長屋オムライス・KOZMIC 長屋バー
http://www.nagaya-bar.com/index.html


お店はカウンターのみで、バーっぽい雰囲気はこちらでも健在。
IMG_3117

メニューはこんな感じ。やはり初めての場所ではまずはスタンダードに行きたいということで、「チキンオムライス」(770円)のLサイズ(+150円)注文。
IMG_3119

まつこと10分ほどで登場。照り輝く卵の色がなんともいえません。卵でご飯を包むタイプではなく、オムレツをご飯の上に乗っけるタイプのオムライスです。
IMG_3122

外側と内側の焼き上がり具合が違うのがよくわかります。それにしてもかなり分厚いオムレツで、卵は聞くところによると3個は使っているのだとか。
IMG_3124

「卵は開かず、そのまま食べましょう」という書置きがありますが、その方が卵のふわふわとろとろ具合が楽しめるのだそうです。ということで、まずは一口。外側の卵を歯で破った瞬間にとろりと半熟卵のとろりとした甘みが広がり、噛むほどにご飯によく絡んでめちゃくちゃ幸せです。チキンライスの味付けは控えめですが、卵にかけられているケチャップが割と濃いのでちょうどいいかも。
IMG_3127

チキンはこの通りで大きめサイズ。肉のボリュームもありながら、Lサイズにしたこともあってかなりお腹は満腹。卵の量が多いためか、見た目以上にずっしりとした満腹感を与えてくれました。
IMG_3128

なお、こちらは「なすベーコンオムライス」(930円)。揚げたてのなすは油でしっかりと甘みが閉じ込められていて、贅沢感のある味。こちらは普通サイズでしたが、やはりボリュームは満点。たっぷり使われた卵がお腹に貯まるようです。
IMG_3130

カウンターだけのお店ですが、雰囲気は小綺麗なバーかカフェといった感じで女性も入りやすい作りです。なお、今回は訪れたときは女性客の方が多かったです。

◆関連記事
シコシコと腰がありながらも滑らかな麺に濃い目の出汁がよく染みた「うどん魂一筋 うだま」の「ちく天ぶっかけうどん」を堪能してきた

たっぷり香味野菜+4種類フルーツ+15種類のスパイスで3日間かけて作った「カルダモン」の余分な油を取り除いたヘルシーカレーを食べてきました

大阪を中心に勢力を拡大中の「煮干しらーめん玉五郎」で煮干しの効いたスープを味わってきました

イタリア空輸のフレッシュチーズを使った本格ピザを「アレグロ」で味わってきました

大阪梅田で「はがくれ」の刺身のように新鮮なうどんを食べてきた

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.