「缶つま★レストランムール貝の白ワイン蒸し風」を食べてみた

LINEで送る
Pocket

IMG_3087
仕事から帰って心地よい疲労感に浸りながら一杯やるのは大人の醍醐味の一つで、そんなときに肴にしたいちょっと上品な缶詰が「缶つま★レストラン ムール貝の白ワイン蒸し風」です。名前からしてハイカラな感じでお値段もやはりちょっと高め(450円:税抜)ですが、濃厚なムール貝の風味が楽しめる優雅なテイストの一品です。


缶つま★レストラン ムール貝の白ワイン蒸し風
http://www.kokubu.co.jp/foods/lineup/000013.html

パッケージはこんな感じ。
IMG_3077

ムール貝の独特の雰囲気…それが欲しいのです!
IMG_3080

中はプリッとした身がぎっしり。貝っぽい独特の匂いはしないので、匂いに敏感な人でもこれならオッケーなはず。なお、固形量だけで50グラムあるとのこと。
IMG_3084

オリーブ油に漬けてあるのでギトギトした感じかと思えば、ワインの風味が乗っているからか割りとさっぱりとした口当たり。味はまろやかな仕上がりになっていてクセもなく、だけど味が薄いというのではなくムール貝の風味は上手く閉じ込められている感じです。臭みだけをちょうど上手く抜いています。食べやすいのでパクパク進むのですが、やっぱり濃厚なムール貝の風味がしつこく感じられてきて、ちょっと重たくなってきます。しかし、それこそ望んでいたことでアルコールが進むというものです。ビールの苦味とはあまりマッチしなかったので、日本酒がオススメかも。ワインはちょっと違う気がしますが、どうでしょうか。気になる方は試してみてください。
IMG_3087
◆関連記事
焼ガキと生ガキ食べ放題の大阪「カキ小屋フィーバー」にいってきました

三日間かけて煮込んだ今井食堂の「さば煮」は骨まで食べられる柔らかい食感

たっぷり香味野菜+4種類フルーツ+15種類のスパイスで3日間かけて作った「カルダモン」の余分な油を取り除いたヘルシーカレーを食べてきました

痺れる辛さを求めて行列ができる人気メニュー「四川麻婆豆腐」を食べに「中国菜オイル」に行ってきました

創業当時の味を守り続けて60年以上、大阪でフラッと寄りたい串カツ専門店「ヨネヤ」

とれたて卵かけ放題の坦熊「卵かけご飯定食」は黄身がプルプルで食感が違う

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.