本当はやりたくないのに楽しいフリをしながらやっている23のこと

LINEで送る
Pocket

02
実は全然楽しくないのだけれど、楽しんでるフリをしてやってしまっていることが誰にでもあると思います。「リア充」や「意識高い系」への憧れからなのか手を出してしまっていることがあるかも知れませんが、もう一度本当にそれを「自分は楽しめているのか?」とこのリストを眺めながら振り返ってみると良いかも知れません。該当するものがあると思わず苦笑いし、該当するものが多すぎると悶絶してしまいます……。


Admit It, You’re Only Pretending To Like These 23 Things
http://www.huffingtonpost.com/2014/07/11/things-you-pretend-to-like_n_5565134.html

◆旅行
01
違った環境を「見る」ことは素晴らしいことですが、そこへ「行く」という行為はまた別物です。荷物を詰めたり、飛行機に乗ったり、バスに揺られたり……非常にストレスが溜まります。おまけに家に着く頃には財布もすっからかんで、本当に楽しかったのかと自問したくなることも。


◆クラブに行く
02
不快な服、長い行列、汗まみれ、2千円もするドリンク、そして単に人に見られに行くなんて……冗談じゃない。


◆知人の家族に会いに行くこと
03
非常に楽しい時間が過ごせたとしても、自分が品定めをされているような気分は拭えないものです。


◆ランニング
04
「ランニングについての会話」に入れず一人ぼっちになることを恐れてるのかも知れませんが、そう考えているのはあなた一人では無いと勇気を持ってください。


◆抽象的なアートを観賞すること
05
確かにキャンバスに描かれたそれは「解釈的」な広がりがあるものかも知れません、しかしその「解釈」に一体何時間の時間を費やすのでしょう?それって意味あるの?


◆親戚に会いに行くこと
06
楽しいのは最初の10分だけで、その後は疲れるだけになります。


◆青汁
07
右を見ると青汁を飲む人、そして左を見ても同じ。だからあなたはケールのサラダを1000円も出して買いますが、自分が本当はそれが大嫌いでしょうがなかったことにやっと気付くのは、ミキサーにそれをぶち込んだ瞬間です。


◆シェイクスピアの本を読む
08
「シェイクスピアの戯曲で何が一番好きですか?」。あなたはこう答えるだろう「ハムレットだ」と。だけどあなたは知っているはずです、面白いと思うなんてものは一つも無いことを……。


◆クリスマス
09
家族への義務だと駆け回り、群集に揉まれ、お金はすっからかんとなり、本当に悲劇的なイベントです。


◆料理をすること
10
勤務中に料理サイトのレシピを眺めたりして、仕事が終わったら即効で家のキッチンに向かうつもりだったことででしょう。そして実際に仕事が終わったらどうしているでしょうね?そう、思ったとおりさ。あなたはテイクアウトを手に持ってるのです。


◆料理を振舞うこと
11
キッチンで完璧な料理を作ろうとして頑張り過ぎた結果、二度ほど手に火傷を負い、そして料理を客が食べている間はずっとこんなことを考えてるんだと思います。「本当に美味しいと思ってるんだろうか?」


◆ドキュメンタリー番組なんかを見ること
12
本当はシリアスな内容のドキュメンタリーよりもリアリティ番組を見たいはず。


◆分厚い本を読む
13
同じ本を読んでいる周りの友達に賢いと思われたいがために、分厚い本をなんとか読もうとしてる。まぁ、実際のところ、その周りの友達も読んだフリをしてるだけなんですが。


◆ヨガ
14
週に五日通っても先生の言う姿勢が全然理解できないし、周りのみんながあなたよりも優れているかどうかもわからないし、散々です。


◆他人の子どもと接する
15
子どもが周りでジャンプして暴れたり耳元で大声を出したりしても、笑顔でいることでしょう。そして友人から「あなたってほんと子どもが好きなのね」なんて言われますが、ほんとは全然そんなことなかったりします。


◆ワインを嗜む
16
どうか誤解しないでください、私たちはちゃんと分かっているんです。あなたがワインの雰囲気を楽しんでいるということを。でも、キャルとメルローの味の違いが本当に分かってます??


◆お酒をショットで飲む
17
ショットで一気飲みをしたときの体が燃えるような感覚を本当に好きですか?きっと、より苦痛の少ない方法で酔えるなら、あなたはそれを喜んで歓迎すると思いますよ。


◆カキを食べる
18
カキを飲み込むとき、この三つのうちどれかもしくは全部を思っているはずです。

1.小さいのにどうしてこんなに高いのか?
2.塩か海水の味なのに、どうして皆こんなのを美味しいと思うのか?
3.ほんとうにくだらないと思っているのに、どうして私はこんなものを食べているのか?


◆チームワーク
19
チームワークによって何かを成し遂げることを素晴らしいと考えているようですが、高校時代、大学時代を思い出してください。グループのうちの誰かが全てを一人でやり遂げてしまっていたはず。そう、あなたのことです。


◆他人の成功
20
彼女が結婚し、昇進し、夢にまで見たマイホームを手に入れ、親友のあなたは本当に本当に嬉しいと思っている。しかし、実はそのほとんどは嫉妬です。


◆くっつくこと
21
ある特別な行為を行った後、最もやりたくない行為の一つがお互いを抱きしめることです。それまでに十分に熱い抱擁を楽しんでいたのに、それ以上する必要があるでしょうか。本当にパートナーを抱きしめながら寝たいですか?どっちにしろ、朝起きたら気付くはずです。自分がパートナーとは真反対側のベッドにいることを。


◆友人の服装
22
友人:この靴どう思う?
あなた:ひどいセンスね、そんなもの絶対に履きたくないわ。

あなたが本当に言いたかったのはこれですね。でも絶対にそんなことを言えないわけです。


◆他人があなたに正直であるとき
23
皮肉なことですが、他人があなたに関して正直なことを言うとき、言われた方は苦痛を感じるものです。なぜなら真実はあなたを傷つけるから。だから、どんな犠牲を払ってでもそれを避けようとするはずです。


どれも思い当たる節があってドキッとしました。あなたはいくつ当てはまったでしょうか。自分に対して少し正直になる良いきっかけになるかも知れません。

◆関連記事
ブラジルWカップはTwitter史上過去最大の6.72億ツイートを記録

世界各国の家庭が一週間で使用する食材を写真で一覧にしてみたら、とてもわかりやすかった

離れた相手をアプリで刺激、遠距離カップルにぴったりな「Fundawear」

命の危険を感じてブルってしまう画像12選

クロックス、腰パンなど男が30代になったら卒業すべき10のこと

ゴールドに輝くドラゴンが火を吹く橋がベトナムで開通

Posted in ネットニュース. Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.