花王「蒸気でホットアイマスク」を使ってみた

LINEで送る
Pocket

DSC02929
PCやスマホを利用することが多く目が疲れがちになっている方も多いと思いますが、そんなときに便利なのが花王「蒸気でホットアイマスク」です。約40℃の温熱とともに蒸気が目と目元を包み込むようになっていて、リラックスできるというもの。仕事のうちほとんどの時間をPCに向かっているいることが多く、また帰宅後もDVDを見たり本を読んだりして目を酷使してしまっているので、どんな感じにリラックスできるのか試してみることにしました。


花王 めぐりズム 蒸気でホットアイマスク
http://www.kao.co.jp/megurhythm/eye/products/


蒸気で包むことを「蒸気浴」というらしい。Amazonなんかですと、だいたい400円くらいで購入できます。
DSC02921

約10分程度持続するとのこと
DSC02923

使い方は簡単で、袋から出して目にかけるだけで使用できます。注意しないといけないのは袋から出すとすぐに温かくなるので、ササッと装着する必要があるようです。
DSC02925

全部で5個入
DSC02926

取り出すとこんな感じ。注意書にあるとおり出すとすぐに熱を帯びてきて、温かくなってきます
DSC02929

裏側の耳かけの部分を中央から切り離してそのままつけるだけでと、非常にお手軽なのが特徴
DSC02930

使ってみた感想ですが、マスクの温度がちょうど人の手の温かさ程度でほのかにぬくもってきて、目の周りの筋肉がほぐれていく感じ。居酒屋に行ったときに熱いおしぼりで目の周りを温めると気分がスキッとしますが、それに似てるかも。素材がフレキシブルなタイプで目の周りにピタッとフィットするので、熱と蒸気が逃げずにしっかりと温もります。10分程度持続するとのことですが、5分を過ぎたくらいになるとやはりちょっと温度は低下してきます。しかし、10分経った後も割りと長い間、温もりは残っているので、もうちょっと長く使用できるのかも。蒸気はマスクをつけているときは感じられませんでしたが、マスクを外すと目の周りがしっとりとしていて地味に効いていた模様。

休憩時間や電車での移動時などちょっと空いた時間につけるといいかも。温かさが気持ちいいので、そのまま眠り込まないように注意が必要です。

◆関連記事
トートバッグ型クーラーYeti「Hopper」は頑丈ながら持ち運びに便利でアウトドアにもピッタリ

わずか10分で衣服をリフレッシュできる家庭用コンパクトサイズのドライクリーナー「Swash」

バッテリー付でゲームに適したiPhone専用Logitech「PowerShell Controller」

鍋などに装着してソースや具をこぼすことなく皿に移せる「Clip-on Spout」

ブラジルワールドカップを彩るカラフルメイクな各国の美女サポーターなど

Posted in レビュー and tagged . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.