京都一乗寺の「天下一品北白川総本店」に行ってきました

LINEで送る
Pocket

DSC02904
天下一品」のラーメンと言えば、こってり味が特徴。濃厚なスープは好みの差がはっきりと別れる味で、好きな人はとことんはまる味のようです。そんな天下一品の本店「天下一品 北白川総本店」があるのが、ラーメン激戦区と言われる京都一乗寺。他店は工場から配送されるスープを使っているところ、総本店のみスープを一から作っているという話を聞いたことがありますが、果たしてどのような味なのか確かめてみることにしました。


天下一品 -こってりラーメンでヘルシーにスタミナ補充!-
http://www.tenkaippin.co.jp/

午後3時頃に向かったところ、行列は無くすんなりと中へ。
DSC02899

空いてるのかと思いきや店内はほぼ満席。
DSC02919

こちらの店舗はメニューが豊富でしたが、やはりここは天下一品の基本であるこってりスープを堪能すべく、「こってり(大:税込804円)」を注文しました。麺をゆでる様子を見ながらしばし待ちます。
DSC02901

そして、待つこと10分ほどすると、やっと登場!
DSC02904

厨房の中までは見られず本当にスープを作っているのかどうかはわかりませんでしたが、確かにスープは他店と違います。まず、臭みがなくそして濃厚。他店と方向性はもちろん同じなのですが、味に曇りが無くマイルドかつ濃厚な風味を十分に楽しめる内容です。鶏ガラ、野菜を中心に11種類もの食材を煮込んだかなりドロドロとしたシチューのようなスープですが、後味はむしろあっさり。
DSC02906

これが本当によく麺に絡みつきます。わざわざスープをすくって飲まなくても麺と一緒にスープもズルズルいけるのが、やはり天下一品の魅力。なお、麺はレギュラーと細麺が選択可能で、今回は細麺にしました。
DSC02910

九条ネギはさっぱりとしたアクセント。チャーシューはあっさりとした肉の旨みがあり、濃いスープにちょうどいい感じ。
DSC02905

スープは見た目と最初の一口のインパクトに比べて、後味は意外にもあっさりなのでドンドン飲んでいってしまいます。ちなみに、隣の人は丼から直接飲み干していました。
DSC02916

今回は「こってり」でしたが、他のメニューやセットメニューも気になるところ。何度か通っていろいろな味を試してみると良さそうです。

◆関連記事
二郎インスパイア系「笑福」で野菜バカ増しラーメンを頼んでみた

「京都 たかばし 本家 第一旭」でシンプルなラーメンを味わうことでわかったこと

真っ黒スープがそそる「新福菜館」京都本店でラーメンと炒飯を食べてきました

ラーメン激戦区、京都一乗寺の名店「中華そば 高安」でスープ+麺の真髄を味わってきた

味噌ラーメン専門店「麺と人」の食べ応えが絶妙で、仕事の疲れが吹っ飛んだ

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.