大阪福島「中国菜オイル」で四川麻婆豆腐を食べてきた

LINEで送る
Pocket

DSC02857
大阪市福島区にある「中国菜オイル」はお昼時には開店前から行列ができるほどの人気店です。中でも、ランチメニューの「四川麻婆豆腐ランチ」は痺れるほどの辛さが特徴で、多くの人が注文する大人気メニュー。いったいどれほど痺れるのか試してみることにしました。


中国菜オイル


店の外観はこんな感じ。一見するとオシャレなカフェかと思うほどで、中華料理屋とは思えない見た目です。油でぎとついた中華料理屋が多い中で、こうした清潔感が感じられるお店は嬉しいですね。そんなこともあってか、女性のお客さんが多かったです。
IMG_3112

ランチのメニューはこちら。いろいろ迷うところですが、今日は「四川麻婆豆腐ランチ」と心に決めており、初志貫徹!
IMG_3114

「四川麻婆豆腐ランチ(税込900円)」の登場。あまりの鮮やかさに、麻婆豆腐以外は色飛びするほど……
DSC02850

鼻腔をくすぐるほどの香辛料の香り、これがたまりません。
DSC02851

見ているだけで食欲をそそるのが、麻婆豆腐の醍醐味の一つ。この鮮やかな色がこれまた、たまりません。
DSC02854

痺れるこの麻の辛さが豆腐によく絡んでめちゃくちゃグッド。たっぷりと使われた香辛料の風味が、サラリとした油によく乗っていて、それが具にうまく絡んでいる感じ。どんな油なのかはわかりませんが、新鮮な油であることは間違いなさそう。油が良いと食べても食べてももたれることなく、次の一口がどんどん進んでいきます。また、刺激はありますが、辛さはそこまで強くない感じ。辛くはありませんが、確かに舌にピリリときます。それにしても肉味噌にもしっかりと味がついているし、葱は火の通し具合がよくシャキッとしてるし、そしてこの値段でここまでの味が楽しめるのはいいですね。
DSC02857

食べ終わった後は、しばらく口のなかに痺れが残るほどに香辛料が効いた四川風らしい麻婆豆腐でした。ご飯はおかわり自由なので、ボリュームも文句なし。なお、この量の麻婆豆腐なら二杯ぐらいがちょうど良さそうです。ちなみに、女性の方も多くの人がおかわりをしていました。


◆関連記事
唸らせるほどの絶妙な調理具合、京都のうなぎ屋と言えばココ「廣川」で鰻料理を存分に味わってきました

大阪にある関東風うなぎ料理屋「菱東」で蒸して焼く「うなぎ丼」を食べてみた

ラーメン激戦区、京都一乗寺の名店「中華そば 高安」でスープ+麺の真髄を味わってきた

「地焼き炭焼き」の、大阪の名店うなぎの「魚伊」で蒲焼を食べてきた

イクラのプチプチとした弾力感とこってりとした脂が楽しめる「ペリーのいくら丼」にいってきた

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.