1貫105円でちょっと危ない雰囲気の大阪「すしてつ」に行ってきた

LINEで送る
Pocket

DSC01126
ちょっと派手な柄のシャツを着たお兄さんがカウンターで寿司を握ってくれる大阪、心斎橋にある「すしてつ」。寿司は1貫105円で食べ放題、飲み放題もあるとのこと。一体どんなお店なのかのぞいてみることにしました。


すしてつ 周防町店 – 長堀橋-寿司 [食べログ]
http://tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27001732/

店内はこんな感じ。大きなカウンターが2つ、そして座敷もあり宴会も可能なようです。それにしても店員の方々のシャツの柄は何かを連想させるような、派手な模様。
DSC01110
メニューのお寿司は全品1貫105円。
DSC01111
平日ながら混んでいるほどの人気店で、5分ほど待った後、カウンターに座ることができました。
DSC01113
ということで、これからどんどん注文していきます。こちらはホタテ。脂っぽい身がうまし。
DSC01114
いくら。ちょっと強面の感じのお兄さんですが、寿司の注文に笑顔で応えてくれます。
DSC01120
ふぐのから揚げ(税込480円)。もみじおろしやねぎと一緒にいただきます。ぷりっとした身とさくさくの衣がよく合いグッド。
DSC01124
105円なので、気兼ねなくどんどん頼んでしまうのが、恐ろしい。
DSC01126
たい。
DSC01127
あなご。握る前にネタをちょっと炙ってもらえるので、香りが立ってなかなかのお味に。
DSC01129
げそです。こりこりした食感がやみつき。
DSC01133
シャコは濃い旨味が味わえるのが特徴。これは、お酒がどんどん進みます。
DSC01137
おいしくリーズナブルなお寿司で、お客さんは皆、上機嫌の様子でした。店内の空間が広いせいか、かしこまった感じも窮屈な感じもせずに、開放的な雰囲気で寿司を楽しめます。狭い店内で堅苦しい雰囲気が苦手な人もここなら大丈夫かも。
DSC01138
回転寿司のように気軽に入れて、またお値段は手の届く範囲に設定されており、なかなか使い勝手の良いお店。店員さんのオシャレなシャツも見所のひとつです。
DSC01139
◆関連記事
大トロ・中トロ・赤身の贅沢まぐろや黒銀「生本まぐろ三色丼」を食べてきた

相生牡蠣が90分食べ放題の漁師直営店「焼きガキ大豊」に行ってきました

獲れたての天然カキを食べに京都「美味星」に行ってきました

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.