二郎インスパイア系「笑福」で野菜バカ増しラーメンを頼んでみた

LINEで送る
Pocket

IMG_5028
トッピングを自由に調整できる、いわゆるラーメン二郎インスパイア系のお店「笑福」に行ってきました。こってりとしたコクのあるスープの絡んだ野菜がかなりグッドな味で、思わず限界を超えた「むこう側」にチャレンジしたくなる味でした。


ラーメン・つけ麺 笑福 オフィシャルサイト

本店は鳥取県の米子にあるようですが、店の多くは大阪で展開されています。ということで、最近オープンした「グランフロント大阪」で盛り上がる大阪のお店にレッツゴー
DSC01029

西中島のお店に到着。
DSC01031

食券を購入して注文する仕組み。黄色い表示にあるとおり、トッピングは全て無料。
DSC01033

野菜、ニンニク、アブラ、カツオ、カラメの5種類のトッピングの量が調整できます。ちょい増し、増し、増し増し、バカ増しの4段階から選べます。
DSC01034

麺は通常で1.5倍あるので「おなかがすいているから大盛り」と安易に注文すると、とんでもないことに。なお、麺を少なめにした場合は、味玉子をゲットすることが可能。
DSC01036

さらに、14時までは半ライス無料。というか、ライスを注文をする猛者はいるのでしょうか…。
DSC01037

こちらは、麺少なめ、野菜増し、アブラ増し、カツオ増し、ニンニクちょい増し。味玉子がうまそー。これで650円。
DSC01040

野菜増し、ニンニク増しも登場。野菜もたっぷり、麺が一般的な量の1.5倍なだけあって、こんもり。日本むかし話に出てきそうな、こんもりとした形となっています。これも650円、うーんお得感があります。
DSC01043

にんにくの量はこれくらい。サラリーマンにとっては厳しい現実がなかなか許してくれないですが、これはそそります。
DSC01045

チューシューはけっこうぶ厚め。
DSC01046

いっこうに減らない野菜を減らし、やっと麺が見えてきました。かなり太いです。野菜の量と相まって、ボリューム感は文句ナッシング。
DSC01047

野菜を食べきるだけで、普通のラーメンを食べるのと同じくらいの満腹感が味わえます。成人男性でも中途半端なおなかの空き具合では、食べきるのはちょっとしんどいレベルの量です。味はこってりとしたスープににんにくの辛味がよくきいていて厚みのある味で、量があっても飽きない感じ。太麺にもよく絡むし、なんというか食べやすい。
DSC01048

なお、野菜をバカ増しにすると、これぐらい。普通の人は絶対に食べられないので、いきなりコレを注文するのは避けたほうがいいかも。
IMG_5028

客層を見ていると、ほぼ男性。男性客に連れられて女性も一人来ていましたが、ちょっとこの量は厳しいかも。逆に男子並にガッツリ食べたい場合は、ここがピシャリとはまります。体育会系の学生いて、バカ増しをぺロリとたいらげる様はさすがでした。

店名:笑福 大阪西中島店
電話:06-6305-0178
時間:11:00~24:00(スープ売り切れ終了)
営業:無休
場所:大阪府大阪市淀川区西中島1-13-13 三信南方ビルII 1F
席 :カウンターのみ


◆関連記事
行列のできる次郎系ラーメン店大阪「歴史を刻め」にチャレンジしてきました

ドロドロな濃厚とんこつラーメンを食べに大阪「豚きん」に行ってきた

豚きんで「豚ニボまぜそば」を味わってきました

ラーメン激戦区、京都一乗寺の名店「中華そば 高安」でスープ+麺の真髄を味わってきた

真っ黒スープがそそる「新福菜館」京都本店でラーメンと炒飯を食べてきました

味噌ラーメン専門店「麺と人」の食べ応えが絶妙で、仕事の疲れが吹っ飛んだ

朝に水揚げされた獲れたての天然カキが食べられるカキ小屋「美味星」でプリプリのマガキを堪能してきました

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.