大阪の「一風堂」で白丸と赤丸を食べてきました

LINEで送る
Pocket

DSC00330
行列ができるほどに人気のラーメン店、博多一風堂でラーメンを食べてみることにしました。豚骨スープでありながらも臭みが無く、こくまろな味で飲んだ後の〆の一品としても良さそうな感じです。また、濃い味ながらしつこくないので女性でも楽しめそうです。


一風堂

白丸元味(税込750円)
DSC00327
白丸をベースに、さらに豚骨のコクと風味を追求したという赤丸新味(税込800円)
DSC00324
赤丸の方は、特製の香油と辛みそを溶かしていただきます。極細麺の歯切れのよさがスープの濃さをうまく調節してくれている感じ。麺は硬目を注文しましたが、ちょっと芯のある感じがいい歯ごたえになっています。スープはこってりしていながらもまろやかな感じで非常に食べやすいです。味がしっかりと効いているためか、ノドが乾きます。お茶はルイボス茶でハーブ茶のようなクセをちょっと感じますが、濃いラーメンの後に飲むと口の中がすっきり。
DSC00330
店内は女性のお客さんが多かったので、あまりにコッテリした味が苦手な人でも楽しめるようになっているようです。

◆関連記事
真っ黒スープがそそる「新福菜館」京都本店でラーメンと炒飯を食べてきました

ラーメン激戦区、京都一乗寺の名店「中華そば 高安」でスープ+麺の真髄を味わってきた

味噌ラーメン専門店「麺と人」の食べ応えが絶妙で、仕事の疲れが吹っ飛んだ

二郎インスパイア系「笑福」で野菜バカ増しラーメンを頼んでみた

博多ラーメン「一風堂」で白丸、赤丸を食べてきた

桂小五郎が潜伏していた老舗そば屋よしむらで、出石の皿そばを食べてきました

Posted in 取材 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.