後入れ粉末で辛さが調節できる「赤から監修 カップ赤からうどん」

LINEで送る
Pocket

top
お店の『赤から鍋』ではお客様が1〜10まで辛さを選ぶことができるのですが、カップ麺では辛味の素で辛さが調整できるとのことで、試してみることにしたのが「赤から監修 カップ赤からうどん」(税込249円)。


赤から監修 カップ赤からうどん:生タイプ:カップめん:寿がきや食品株式会社


パッケージは赤くていかにも辛そうな見た目。
DSC00241
DSC00245
DSC00247
DSC00251

一回お湯でほぐして…
DSC00254

じゃー
DSC00257

液体スープとスープの素を入れてお湯を投入。
DSC00258

後入れ粉末も加えていきますが、辛いらしいので最初はちょっとずつ
DSC00265

ダシはかなり甘めで、その後に唐辛子のピリ辛が舌を刺激します。後引く辛さではないので、割とズズッと豪快にいけます。
DSC00269

スープをよく絡ませた麺をご飯に乗せて食べると、けっこう合います。
DSC00272

全部唐辛子入りの粉末を入れてみました。確かに辛いですが、辛すぎて舌がマヒするほどではないので、問題なし。ただ、辛さに弱い人が食べても問題ないレベルであることを考えると、もう少し辛さは強くても良かったかも。スープを飲んでも最初は辛いですが、すぐにサッとひいていきます。
DSC00274

値段の割に量が少なく感じたので、もうちょっとボリュームがほしいところです。

◆関連記事
大阪梅田で「はがくれ」の刺身のように新鮮なうどんを食べてきた

ラーメン激戦区、京都一乗寺の名店「中華そば 高安」でスープ+麺の真髄を味わってきた

味噌ラーメン専門店「麺と人」の食べ応えが絶妙で、仕事の疲れが吹っ飛んだ

ソフトバンクで無料でもらえる「バリバリつながれー」試食レビュー

突き抜ける辛さで別次元の世界が見える明星「すこびる辛麺 激辛焼そば」

Posted in 食べ物 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.