卵かけ放題の坦熊で「卵かけご飯定食」を食べてきた

LINEで送る
Pocket

top
餌に抗生物質を一切使用せず育てた鶏の産みたて卵がかけ放題で話題の、兵庫県豊岡町「坦熊」に行ってきました。思わず3個も卵を使ってしまうほどに、卵かけご飯を存分に楽しめるお店です。


たまごかけごはん「但熊」/農産物直売所「百笑館」
http://www.eonet.ne.jp/~tankuma/


昼前には人でいっぱいになるほど
DSC00113

メニューはいたってシンプル。列に並ぶ前に中で注文をすませます
DSC00114

目の前に積まれた山盛り卵
DSC00116

ねぎ、のり、そして3種類のしょう油があります
DSC00119

たまごかけご飯定食(350円)が到着。ご飯がほかほか。
DSC00122

卵の殻は固め、しっかりとカルシウムが含まれている感じ。黄身は弾力があってちょっとハシで触ったくらいではつぶれません
DSC00131

濃厚な黄身があつあつの白飯によく絡んでご飯がススみます。ご飯の量的には2個くらいがちょうど良いです。しょう油がいろいろあって味の変化が楽しめるのもうれしい。
DSC00142

なんだかんだで2個の卵を使いました。隣の人は3個。「しょう油が3種類あるから、ここは3個使わないとダメだろう」とのこと。
DSC00145

隣にはお土産屋もありました。卵もここで買ってお土産にできます。
DSC00146

信号の無い田舎道にポツンとあり城崎温泉出石そばを食べるついでにちょっと寄るといいかも。すぐ近くにはシルク温泉もあるので、おなか一杯になった後はちょっとのんびりするといいかも知れません。


◆関連記事
桂小五郎が潜伏していた老舗そば屋よしむらで、出石の皿そばを食べてきました

大阪梅田で「はがくれ」の刺身のように新鮮なうどんを食べてきた

イクラのプチプチとした弾力感とこってりとした脂が楽しめる「ペリーのいくら丼」にいってきた

1貫105円でカウンターでシャツの柄が特徴的な店員が寿司を握ってくれる「すしてつ」に行ってきた

アメリカで最も人気のあるファストフードを各ジャンルで選出

甘いとろふわ卵の豚カツがクセになる「とんかつ 七兵衛」の狭いカウンターでカツ丼をかきこんできた

Posted in 取材 and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.

Comments are closed.

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.